読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を用いて専門家の振りをするための必要時間、10分

ある日、”超有名大学”出身の上司に言われました。

「君も”名のある”大学を出たんだから、もっとグローバルで大局的な話をできるようにしないとだめだよ。」

”名のある”の部分にザワッと賭博黙示録的な心のどよめきと若干の殺意が芽生えたのですが、長年のサラリーマン生活で培った大人の笑顔で乗り切りました。

そして、これまた長年のサラリーマン生活からの経験から、「絶対、後でフォローアップが来る」という予見が。哀しいかな高尚で大局的でグローバルなトークを展開するべく、ネタ本を探しました。不本意ですが。

 

早速ありましたよ。”G0”で日本でも一躍有名になったイアン・ブレマー氏の著作である「自由主義の終焉」。もう、タイトルからグローバル的なにおいがプンプン漂ってきますね。さぁ、200ページを超える大作に挑戦だ!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

何も頭に残らない

今、感想文を書けと言われても、状態は夏休みの宿題を手を付けずに休みの最終日を迎えた小学生と何も変わらない。

そう、人は興味を持たない、特に必要としないものには全く脳みそが働かない非常に合理的な構造を保有しているのだ。。。。

あかん!このままだと上司に嫌味のマシンガンを撃ち込まれて、プライドがハチの巣状態になる自分が見える!

 

必殺!キーワード読み!※

※特に固有名詞をつけるまでもなく、単純に目次と大項目を読んで、そこで繰り返し使用されている表現・単語の意味だけ把握すること。超大作も10分でアイディアをつかむことができる。

 

 今回の本は超簡単。「国家資本主義」という言葉がそのまま章の名前になっているし、他の章をみてもその言葉がワラワラと出てくる。もっというと、表紙の副題が「国家資本主義とどう闘うか」と書かれているので、出版社側としてもこの言葉が大事でキャッチーだと判断した可能性が高い。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

というわけで、国家資本主義の定義「だけ」しっかり把握しておくと

市場原理を取り入れるものの、「効率的な市場と国民の福利厚生最大化」が目的ではなく、「為政者の権力保持」が最大の目標となる。そのため、インフラなど重要産業では国営企業が多かったり、経営者と政府の距離が近い。代表はロシア、中国。

 

以上!今回は簡単だったので、5分程度でしたね。

本来は3時間以上かかる読書時間を3%程度に圧縮しました。お気に入りの小説ならいざ知らず、その場しのぎの知識吸収が目的なら、この程度が適切なのです。

 

後日、、、、とある取引先の社長との会話

上司「最近、トランプ次期大統領が騒いでますねぇ」

私「(キタ!)彼の政策手法をロシアのような国家資本主義だという人もいますよ。」

上司「資本主義は転換点ですよね」

社長「それよりトランプさんの長女、激カワだよねぇぇ」

上司&私『ですよね!

 

終了。

哀サラリーマンからの報告は以上です。 

リーダーになった、時代遅れの自分に気づいた

仕事論??

【新年から凹む】

綺麗ごとは言うな!数字出せ!

 

懐かしいですね。パワハラが世に巨悪視される前の職場では当たり前のセリフでした。

 

その他にも、言われましたよ色々と

お前はこの部署に望まれずに来た新人だ

あいつ要らないよ、この部署は不相応だよ

君使えないって、人事に言うから

 

あぁ、新年からフォースのダークサイドに堕ちそうです。いつも凹む度に、

ヨメ「そんなクズの言うことを真に受けてどうする!このクズ!!」

 と、まさに劇薬は劇薬をもって制するような発言で癒されていました。

 

ことこと左様に上からの強制力を前提としていままで生きて来た私ですが、

職場が変わり上司の立場になりました。

 

職場が変わり、更に御時世も変わった。

今まで受けて来た上司服従方式はご法度。

 

あれ?どうすればいいんだ?

昔の上司のやり方はパワハラ一直線で実行すれば、お縄になること間違いなし。

 

いきなり大混乱に陥りました。というわけで、今まで「権限」以外の要素でマネジメント経験がある人の話を求めていたら、ありました!

 

本日のお供は「ついていきたいと思われるリーダーになる51の考え方」(岩田松雄さん著)です。

 

【部下を徹底的に愛すること】

 タイトルに「51」とあるので、箇条書き形式で文書がぶつ切りになっている粗悪な自己啓発本の匂いがしましたが、予想以上に文章にまとまりがありました。もっとも、後半になるとネタ切れの感があり、前半と被る部分も多かったですけど。

 

しかしながら、日産→アトラスCEO→ザ・ボディショップCEO→スターバックスCEOを歴任してきた方です。読むと心が痛くなる文章が多い。

 

特に身に染みたのが、「部下を徹底的に愛すること」。

ぱっと見は若干引くような表現ですが、部下をよく観察し、そして報いてあげることを感が抜くということだそうです。そう考えると、自分はチームが抱えている仕事を分担したり、進捗を管理したりしたとしても、一人一人が感じていることやキャリアプランには注意を払ってなかったことに気づきました。

 

そういえば、素晴らしい上司に巡り合えたこともありましたが、その人も部下が数十人いたにも拘わらず、一人一人の希望や仕事状況などをしっかり把握していました。あまりに高い把握力だったため、「がんばれば見てもらえる」という希望と、「さぼってもぜっていみられている」という緊張感の両方を感じた記憶を思い出しました。

 

部下を見て見て見て見て、見ること。

あぁ、この年にしてリーダーシップの勉強を始めるなんて。

 

かなり凹みながら始まった2017年です。

今年もよろしくお願いします。

やるな、おちまさと

と言っておきながら、全くおちまさとについて知りません。敢えて言うなら、敬語をつけて、おちまさとさんというとひらがなばかりでよみづらいなまえだなとおもうだけです。

 

なのに何ですごいと思うのかというと、彼の著書「人間関係は浅くていい。」に首がもげるほど激しく同意したくなったからなんですよ。

 これは現代の人間関係について「いい加減」を示した良作。人間関係に悩む下っ端中間管理職の五臓六腑に染み渡ります。なので、頼まれてもいないのに、ここで個人的な経験を交えつつ、勝手に紹介します。

 

【深い付き合いを求める不快】

 昔、私は職場で孤立して、会社に行くのが辛くなった時期があります。

 

原因は仕事だったり、飲み会での出来事だったりで様々ですが、辛くなってしまった最大の理由を本書を読んで見つけてしまいました。

 

私は孤独を恐れ過ぎたんです。

 

「孤独=辛いこと、悪いこと」、という思い込みが強かったんです。よく考えれば、孤立したところで給料が出ないわけではなく、明日から死ぬことはない。もっと言えば、孤立しているのは職場だけであって、家族や友人関係も含めて人間関係がなくなることは無いのです。

 

そもそも、リーダーは孤高と言われますよね。また、一流のアスリートも同じことが言われます。成功している人の必要条件として、「孤独との付き合い方が上手い」ことが挙げられるでしょう。

 

【孤独とうまく付き合うには】 

 ありがたいことに本書では、うまく付き合う方法まで書かれています。すごいな、おち、いやおち様。(このひとの名前、ひらがなの連続になるから文章にしづらい)

 

方法は簡単

コミュニティの分散を図り、いずれも深入りしないこと

 

以上です。一つのコミュニティに入れ込むと自分と意見の齟齬が合わなくなったときに、裏切られたという思いが強くなってしまう。だから、常に距離を適度に置きながら、客観的にそのコミュニティを捉えて、自分との違いを理解する。そうすることで、冷静な自分を保てると、おちさん曰く。

 

具体的な方法としては、あまり一人一人をイメージするのではなく、コミュニティをかたまりとして認識することが進められています。例えば、「大学のサークル仲間」とか「高校時代の友人」など、XXXさんではなく、あくまで集団として見ること。そうすれば、思いも強くならずに、かといって忘れるわけではない、という適度な距離を保てる。

 

ということを、かみさんに話したところ、「なに当たり前のこと言ってんだ。そんな時間があるなら、仕事して金稼げ。ボケ、永遠の係長」

 

と罵しられました。確かに、女性の方がコミュニティの切り替えとかうまいですよね。そういう意味では、男性にしかわからない悩みだったのかもしれません。

 

永遠の係長からは以上です。

 

 

 

ケーススタディ(≒前例踏襲)が炙り出す「うちの会社がマズい理由」

前書き込み(前例踏襲、かっこよくいうとケーススタディ)のダイジェスト

 

~久しぶりに飲み会であった入社同期は、転職して高給取りのコンサルになっていた!衝撃を受けたshirumoshiranumoは、コンサルの世界を覗くべく、しかしながら転職コンサルトに相談する度胸もなく、今日も本を片手に妄想を膨らますのであった~

 

つーわけで、ケーススタディですよ。

これがコンサルが高給を貪れる証なわけですよ。

こいつを身に着けたら、きっときっときっと転職

 

するわけないか。。。

妄想の源は、引き続き「ブラックスワン経営学(通説をくつがえした世界最優秀のケーススタディ)」(井上達彦さん著)です。

 

【インターネットだ!新戦略部署立ち上だ!。。。で?】

いきなり余談ですが、うちの会社に新戦略うんぬんかんぬん部署が2、3年前に立ち上がりました。何でも縦割り構造を打破したいとの思いが経営陣にあるとかないとか。

 

確かにインターネットの発達で価格の透明性が上がってしまった以上、ウチも厳しいから何とかしたいんだろうな、と。同僚でもその部署に配属される人がいて、夜中まで残って何やら企画しています。

 

そして今に至るのですが、細かい改善案件止まりで、抜本的な解決策を打ち出せていません。正直、そろそろ廃部も近いとの噂も立ち始めています。

 

なぜこんなことがおきてしまったのでしょうか?

 

【うまくいかない理由は「思考方法」】

 ケーススタディの典型例は、似たような事例を並べて、うまくいった場合とそうでない場合を比較して、その理由を探るというもの。

 

本書の中では、インターネットという「新たな脅威に直面した時の新聞社」を取り上げて検証しています。そこで明らかになったのは、慣性の法則の存在。

 

赤い彗星が発言した「重力に引きずられた地球人」が示す通り、新しい環境に古い環境を基に出来上がった思考方法を用いても必ず失敗する。でも、得てして人間はその過ちを犯してしまう。これが「慣性の法則」です。

 

取り上げられた新聞社の例でも、インターネット時代を生き残るべく、ネット部門を立ち上げますが、ビジネススタイルは旧来通り。新聞記事をインターネットに載せて、広告料を稼ぐというスタイルで、マーケティングの活用等は考えられず、やがて苦戦を強いられていく様相が記されています。

 

 

というわけで、うちの会社がうまくいかないのも「慣性の法則」が原因っぽいです。従来の思考方法に凝り固まった会社内エリートをかき集めても無効だったのでしょう。恐らく、新しい会社にズバッと任せるか、しないとダメだったんじゃないかと思います。

 

といわけで、アベノミクスの最中、上がらないボーナスを目にした会社員の愚痴を終わります。

 

以上。。。。

 

前例踏襲、かっこよくいうとケーススタディ

前例主義と言えば、官僚的な匂いが漂います。が、それは前例に100パーセントに従った場合。正しい前例主義とは、前例がもたらした結果と背景についてその因果関係まで読み解くことで次につながる示唆を得ることができるのです。

 

コンサル風に言うと、ケーススタディからバックグランドとリザルトのコネクションを導き出し、ファンタスティックなインプリケーションをファンディングするのです。

 

なぜ、ルー大柴ばりに横文字を使うのかというと、コンサルに憧れているからです。

もっと言うと、この前あった入社同期が転職してコンサルになって、自分を遥かに超える給与を貰っていたのが、明らかになったんですよ!

そう、くやしい! 

 

だから、職場で不思議野郎と噂される私は、こうしてブログの上だけでコンサルぶりたいんです。羨ましい!今度、子供の教育のために外国人が多い六本木に引っ越すって?!貴様、何者だ!うぁぁぁぁぁぁん

 

なお、本日の妄想の源は「ブラックスワン経営学(通説をくつがえした世界最優秀ケーススタディ)」(井上達彦さん著)です。

 

ケーススタディは日常的に行われていること】

ケーススタディとかいいうと、おいおいMBAきたよ、なんかキラキラな理論が出てくるよ、と身構えるかもしれませんが、実は日常生活で行われている分析のほとんどはケーススタディです。

 

例えば、知り合いの〇〇さんは成功している、××さんは貧乏のまま、という下世話な話をすると、「まぁ、〇〇さんは実家が裕福だから、、」とか、簡単な推測を加えますね。これをもっと精緻にしたのがケーススタディです。

 

すなわち、「〇〇さんは実家が裕福だから成功した」のを検証するために、同じ大学を出て、就職先の給与収入も同じような人を比較し、その後の人生が「実家の経済状況に依る」のかを、調べます。その結果、仮説が人生の成功に本当に必要十分条件なのかを検証します。ここまで検証の精度を上げると、ケーススタディと呼べます。

 

ケーススタディは実践的】 

よく新聞とかで「消費税が導入されると、GDPに▲〇億円の悪影響が及ぼす。」のような記事を見るかと思います。これは統計学を用いた手法で、〇〇学者とか〇〇アナリストとか言われる人たちがよく用いる手法です。

 

統計学はデータを一般化することが求められるため、影響度など「量」を図ったり、「関係性の強さ」を確認するのには優れているのですが、因果関係を見出すことには不向きです。その点、個別事象に着目するケーススタディは「因果関係」をあぶりだすのに最適。

 

だから、ビジネスのように多種多様な理論にも応用でき、それを専門とするコンサルという人間がいて、高給取りで六本木に家をキィィィィィ

 

取り乱しました。次項もコンサル妄想を膨らませながら、皆様の生活に影響を与えそうな具体的事例を見ていこうと思います。

 

以上

P.S. コンサルってなんで高給なんですか?わかる人教えて下さい。

資産運用を始めたよ、損したよ

こんばんは、こんにちわ、おはようございます

前回も書いた通り、いかに働かずに稼ぐかを日々妄想しています。

その後、色々と不労所得を得る術を求めておりましたが。。。

あるじゃないですか、方法が!資産運用ですよ、ウンヨウ!

NISAという税優遇制度もあり、始めるには環境が良さそうです。うまくいったら、自分が働かずとも、金融資産が稼いでくれる!

ヤッホィ、マネー♩マネー♫マネー♬

 

【運用開始、1ヶ月後】
(証券会社のWEBページ)
あなたの損益はマイナス▲三万円
CHALA-HEAD-CHALAという伝説の格闘アニメ主題歌を思い出す

 

【2ヶ月後】
(証券会社のWEBページ)
あなたの損益はマイナス▲六万円
「認めたくないものだな、若さゆえの過ちとは」という名言が頭をよぎる

 

【3ヶ月後】
(証券会社のWEBページ)
あなたの損益はマイナス▲十万
「まだ、やめないの?」という良心の声が聞こえる

 

【4ヶ月後】

マイナス▲〇〇万円
終了。

 

なぜだ(涙)ホワイ?アム アイ ワロング?
というわけで、運用の心構え的な本を読みました。

運用を開始する前に分析云々の前に、こちらを勉強すべきだったと壁に頭を打ちつけながら、しかし痛いので1回に止めておきながら後悔しているところです。

本日、私の後悔に付き合っていただいた妄想相手は、「株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール」(太田忠さん著)です。

 

【損失の限度額は死守せよ】

 運用を始める前に、絶対にしなければいけないこと。それは「ロスカット(運用している商品を手放す水準)」を決めること。

機関投資家だと会社のルールで定められているため、ロスカットは厳密に順守させられますが、個人投資家だと誰にも制約されないのでついつい甘くなりがち。

結果的に負けても、手放さずに回復を待つ「塩漬けポジション」ができるのだそうです。既に耳が痛すぎてちぎれそうですが、そんな人々にとっておきのアドバイスが書かれています。

それが「マイナス5%ルール」

そう、投資額のマイナス5%を失ったら、止めるようにするのです。

仮に失敗しても、後19回は失敗できる

それがいやなら、減った後の元本に対してマイナス5%とすれば、もっと挑戦できる

常に資金と、そしてなによりも「心理的な余裕を保つ」ルールなのです。

 

くぅぅぅ、このルールを敷いておけば、慌てて買ったり売ったりすることはなかったのにぃぃ。

 

働かずとも食える日はいつくるのでしょうか。

その前に、かみさんから怒りのしばきを喰らうのでしょうが。。

 

皆さん、運が良ければまた生きてお会いしましょう。

以上! 

起業しようかな、無理だな

とある日の夜、、

 

かみさん「あんた今年の長期休暇は取ったの?」

私 「ま、まだでございます。」

かみ「じゃあ1月に入ったらすぐ取るよ!」

私 「すいません、重要な会議が。。。」

かみ「2月なら大丈夫でしょ?」

私 「あいにく、出張が入っております」

かみ「3月」

私 「決算期につき。。。」

かみ「?!@!(怒)」

ヨメはキバをムイテおそってきた

つうこんのいちげき

ちゅうねんサラリーマンはしんだ

 

というやり取りが直近に行われたこともあり、

出勤日にも出勤時間にも縛られないフリーランスな生き方に憧れを持ち始めてる次第です。

 

かといって、起業する度胸も金もなく。

取り急ぎ、本を読んで妄想してます。

 

妄想の相手は、『企業一年目の教科書』(今井孝さん著)です。

読んだら、起業に対する心理的なハードルが下がってきましたよ!(妄想)

以下に、勇気づけられた文章を取り出してみました。

 

【起業する際は退路の確保が重要】

起業と聞けば、人生の全部を投げ打って勝負に出るというイメージがありました。んが、起業とはむしろ慎重に、チキンと言われる位に行えと書かれています。曰く、

 

①再就職など、駄目だった時の再スタート手段を予めか考えておく

②当分の生活費用は確保し、倒産しても困窮しないようにする

 

この観点から見ると、今流行りのサラリーマンしながらサイドビジネス、というのもありですよね。

 

【起業が成功するか否かは挑戦回数で決まる】

 起業するのに、最初からオリジナリティ溢れる商品があるわけなかろう、と著者は喝破しています。

 

①最初は売れている物・サービスの仲介から始めればいい

②売れるかどうかわからないならサンプルから始めよ

③失敗し、改善を重ねるのは回数しかない

④わからなきゃ、他人に聞け、人を巻き込め

 

総じていうと、小さく初めて徐々に大きくしていけばいい、初めから爆発的な成果を求めようとすると失敗する、という教訓を大きく述べられていました。

 

ちなみにこのブログも実は仕切り直しを2回しています。最初はサラリーマン道みたいなことを書いたのですが、アクセス数が3か月で100に満たないという結果に終わり、あえなく閉鎖。

 

次にメンタルセラピー的な記事を書いたのですが、ネタが続かず休止状態に。そして、三回目の仕切り直しとして当記事を書いているわけです。前回の反省を活かして、トピックをあまり絞り込まず、読書感想文的なブログにしようと思います。

 

多分、書いているうちに趣向も固まってきて来るんだと思います。

その前に長期休暇取らなきゃ。。。。

 

以上!