上手に詰めれる上司は何が違うのか?

私は「急かされること」が嫌いですが、それに次ぐものとして「詰められること」が嫌です。しかしながら、会社ではミスをすれば詰めが入るのが定め。上司に詰められるたびに、ストレス指数が急上昇し、帰り際にジャンクフードを食べてストレスを発散するという生活を送っていました(当時は身長172cmに対して体重88kg。。。)。

時は経ち、中堅社員になったある日に気づきました。ミスをして原因を問われても、不快に感じる人とそうでない人がいるということを。両者の差は 他人に問うかvs自分に問うか。

「詰められてる」と感じるのは「なぜなぜ攻撃」を受けた時です。なぜ、気づかなかったのか。なぜ、その時だけは遅れて到着したのか。なぜ、なぜ、なぜ。。Naze。もうきかれてるだけで、クタクタです。この手の会話がキツイのは「問われる方だけが考えるからです」。問う方は常識的な正論を喋ればいいので、楽です。後、正しい方と正しくない方という区別がはっきりするので、問う側は優越感に浸る一方、問われる側は不快感しか募りません。

結局、一般論の応酬になるので、対応策は「朝礼で注意喚起」、「チェックする回数を増やす」など、時が経てば無力化必至のものしか出ない。

しかし!ここで問う側が対案を出すと話は変わります。かつての上司は私の報告が終わると「ミスが発生した時のみんなの動きを教えて」と私に指示を出しました。ごめんなさい、の一言で済ませようとし私は、内心「めんどくせ!」と思いながらチームメンバーに当時の動きを聞いて回りました。一連の報告を聞いて、上司は「この時間帯は明らかに人員的に無理が発生しているね。そういう場合は他部署に応援してもらえるか交渉してみるよ」と言ってくれました。

結果、繁忙時は他部署が助っ人に来てくれる体制が整い、以後は同じミスは起きてません。

詰める側も「自分に問い、考える」。これだけで結果は違ってくるもんですね。

 

以上、中間管理職の愚痴でした。

 

読んで数分で閉じる本 借金人間製造工場

本を愛して止まない私ですが、中には数分で読書を断念する本があります。

<借金人間>製造工場、マウリツィオ・ラッツァラート著、もその一つで、理由は簡単。議論があまりにも抽象的すぎるから。

かつての「借金」の概念は有限で、金融技術の発展により時空は 云々。。。もう、数ページでギブアップです。

今の金融システム下、人々は借金に縛られており、それに伴う利払い費用が生活水準の切り下げにつながっている、という主張ならマウリツィオさんがいるフランスの家計債務の図を見せればいいわけです(下図)。

 

f:id:shirumoshiranumo:20171027050320p:plain(出所:Trading Economics)

恐らくマウリツィオさんの若年期である80年代に比べて、家計債務(対GDP比、ラフに言えば所得対比の債務比率)は三倍に膨らんでいるわけですから、それはフランスにおいては一大問題なんでしょう。

(出所:CEIC HP)

一方、日本の家計債務(対GDP比)は水準を切り下げています。

だから日本人に「現在のシステムは借金人間を製造している!」と言われてもピンとこないわけです。日本の場合は政府債務が焦点ですよね。

というわけで、社会問題を扱うなら①データ、➁も➂もデータが必要だと思うわけです。でないと議論が抽象的になり、「ムズカシイホンダッタ」という感想しか残らないんですよね。。。

 

【読書感想文】ジョークで読むロシア かたい話題を柔らく理解する方法

「我々が所属する業界の先行きは、、、」とか「AIの発展により云々」などなど、かたい話題を冒頭からすると、かなり先行き不安なプレゼンになりますよね。

だから色々と工夫するわけですが、本書は「ジョーク」というかもう「濃ブラックジョーク」を切り口に、本来はとっつきにくそうなロシア経済を紹介しています。

ロシアの政治といえばプーチン独裁、子分にメドベージェフという構図ですが、それを「ロシアの選挙戦を控えて、有権者の動向が、、、、」とかいうと、もう全速力で右耳から左耳に話が抜けていくわけです。

ところが、

「大統領選挙キャンペーンに必要な資金はどのくらいですか?」

「1ルーブルあれば十分です。1ルーブルコインを投げて表が出ればプーチン、裏ならメドベージェフ。」

と言われると、選挙結果が見え見えなことがわかりやすいし、頭にも残る。

 

f:id:shirumoshiranumo:20171026051503p:plain

(出所:Trading Economics)

なお、筆者は「ブラックジョークが豊富な国=生活環境は厳しい国」という方程式が成り立ちやすいと指摘しています。確かに上図にロシアGDP成長率を載せましたが、リーマンショック直後を除けば、景気は減速し、原油価格が急落後は大幅なマイナス成長となっています。

日本はさて。。。。

人にはスイッチがある

Youtubeで本田晃一さん(20代でお金持ちになった人)の動画を見始めした。なぜか?私も金持ちになりたいからに決まってるじゃないですか!マネーマネーマネー!

見始めたら人生論だった!マネーはどこやねん?

でもおもしろかったので、一つトピックをご紹介。それは「人は感情にフォルダがある」ということ。

自分で自分に心地よい人生を送るには、自分がどんな時に楽しくて怒ったり、悲しんだりするのかの「自分取扱説明書」を見つけるのが先決

例えば、私は「急かされる」のが異常に嫌いです。後、〇分!とか言われた暁には、焦って思考停止になることもあれば、酷いときには「そんなこと言うな!」と意味不明な逆切れを起こす時もあります。

これってなぜなのか。本田さん曰く、結局は家族ということ。私の場合は、父親が異常にせっかちで、常に後ろから尻を叩かれて早く行動するよう言われ続けたので、いつのまにやら「急かす=ストレス大」という方程式が自分で出来た模様です。

だとすれば、私は1分1秒を争うような職場には向いてませんね。はい。確かにそんな職場にいたこともありますけど、パフォーマンスは酷かったです。

てな感じで。「自分取扱説明書」を作っていきたいと思います!

で、マネーはどうしよう。。。

成果が見えることは大切

とある営業にいた時のお話。

 

その時は市況が悪く、売り上げでいえば前年比でトントンにするのが厳しい情勢であるにも拘わらず、降ってきた目標は売り上げ増。

 

当然ながら売り上げで100%達成は見込めないわけで、別の分野で点数を稼ぐしかない。幸い、当時のチーム評価は売り上げだけでなく、商品ライナップ拡充、事務効率化によるコスト減なども含まれていた。売り上げは厳しくとも、効率化でコスト減をすれば利益としては残せる確信がチームメンバー内にはあった。

 

が、問題が一つあった。

 

それはどの項目でどの位評価されるのか全く不明瞭だったこと。そうなるとどうなるのか?

わかりやすい売り上げで業績評価の大枠が決まってしまうのである。他の項目はオマケ程度の評価しかもらえない。そんな状況だから、会社に利益が残るはずがない。チームにもあきらめムードが蔓延するので、業績低下に拍車がかかる。

 

という経験からブツブツ文句は言いつつも、KPI(重要業績指標)のデータ集計作業に励むのでした。

台風の中で嵐を呼ばない選挙

台風が来る中、投票に行ってしまいました。

投票所が市民会館かつ投票日に子供向けコンサートがあるため、コンサートのついでに行くかぁ、と期日前投票を怠ったらびしょぬれでした。

選挙結果は自公勝利。おめでとうございます。

焦点は9条と消費税増税するか否かになるんでしょう。目先の問題としては日本国債の利回りがあがるかどうかでしょうね。海外での金利上昇もさることながら、安倍首相が財政目標を先送りしてからはじり高の展開。

30年債は0.92%という「天井」に再チャレンジする展開です(下図参照)

f:id:shirumoshiranumo:20171023045029p:plain

(出所:Bloomberg

金利上昇したら(今後発行する分の)国債の利払いが膨らみます。

が、結論何もしないんでしょうね。10年利回りは上がれば、日銀が買うのでそりゃ借金はし続けますよ(下図)。

f:id:shirumoshiranumo:20171023045912p:plain

(出所:Bloomberg

膨らみ続けた借金は

①超インフレ(紙幣を無理矢理刷って返す)

➁超増税

で返すというのが古今東西のオチです。最近はブラジルっていう国がこのパターンにハマってました。どうなることやら。

【読書感想文】歴史に消された18人のミステリー と最近の企業不祥事

私、読むと止まらない分野がありまして。ファンタジー、推理、歴史なんですよ。(会社で推薦される「ビジネスで○○!」の類の本は目次だけで満腹感が出しまうタイプ)

 

本書はまさしく歴史と推理の掛け合わせもの。牛丼でいうとつゆだくだく、卵のせ、大盛り状態です(不健康イエーイ)。取り上げられた18人の内、奥州藤原氏の最期を招いた藤平͡泰衡、坂本龍馬を育成した河田小龍三井財閥を作り上げた三野村利左衛門といったマニア心をくすぐるチョイスがあるのも嬉しいですね。

 

マニア心の赴くままに感想文を書きあげたいところですが、それでは本書のいいところが伝わりません。そこで「坂本龍馬」の項を用いて、本書の教示を探っていきたいと思います。

 

【歴史や物事を捉える時の要点】

 執筆者の中津文彦氏いわく、歴史の重要イベントは遠景、中景、近景に分けてとらえるべし、としています。例えば、龍馬暗殺事件の真犯人は?という事象に対しては

近景→事件の模様 中景→当時の京都市の状況 遠景→時代背景

(近景)事件の模様だけに着目すれば、事件現場に新選組の下駄と太刀が残されており、犯人は新選組とするのが妥当。

(中景)しかし、当時の京都市新選組より公的な組織として見廻り組がいた。当時の龍馬は公式にお尋ね者であり、見廻り組が常にマークしていたはず。なぜ、暗殺だけを新選組に任せるのか。

(遠景)さらに時代背景をみると、龍馬や勝海舟を中心に軍事行動を避け、平和的に幕府体制の撤廃を主張する「廃幕派」、軍事的決着を望み幕府体制の徹底的な消滅を主張する薩摩藩を中心とした「倒幕派」に分かれていた。見廻り組内にも様々な主張があり、当然「倒幕派」もいたとすると。。。

より詳細な推理は本書をお読みください。推理本は謎が解けるスカッと感がいいですね。もう牛丼につゆを・・・以下略。

【企業不祥事にも同じ要点が当てはまる?】

 最近、大手自動車や鉄鋼会社の不祥事が報道されていますね。神戸製鋼の件を例に同じフレームワークを使って、不祥事の真の要因を探ってみましょう。

近景→不祥事の内容 中景→当時の企業内組織の状況 遠景→会社を取り巻く状況

 (近景)不祥事の内容は報道の通りアルミ・鉄鋼・銅事業でデータ改ざんが行われました。では担当者が自分の保身のためにデータを操作した、と片付けてよいのでしょうか。

(中景)指摘されるのは神戸製鋼が素材メーカーの中でも保有する分野数が多く、縦割り組織になっていたことです。縦割りは各組織の専門化や部門ごとの競争心を向上させる一方、他部門に勝ちたい誘因が強くなり横連携がとりにくいという弱点があります。

(遠景)神戸製鋼は2期連続で赤字を出していました。金融庁の指針などに基づけば債権を破綻先の手前である要注意先に分類する可能性が出てきます。ここで見込み通りの収益を出せなければ銀行から貸出を受けれなくなるか、受けれても貸出金利の引き上げを余儀なくされるかの状況に陥っていたと推測できます。

本来であれば、業務を絞って効率化し、捻出した資金で赤字の主因となっている中国事業の貸倒引当金に充当するのでしょうが、恐らく縦割りし各部門の縄張り意識がつよい組織ではできなかったのでしょう。結果、現場の収益圧力が強まり、最終的にデータ改ざんを招いたと思われます。あくまで、推論ですが。

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
△1999年3月期~2013年3月期を表示
     2014.03 1,824,698 114,548 85,044 70,191 22.6 4 14/04/25
     2015.03 1,886,894 119,460 101,688 86,549 23.8 4 15/04/28
     2016.03 1,822,805 68,445 28,927 -21,556 -5.9 2 16/04/28
     2017.03 1,695,864 9,749 -19,103 -23,045 -63.5 0 17/04/28
  予  2018.03 1,880,000 80,000 55,000 35,000 96.6

17/07/28

(出所:Kabutan.com 神戸製鋼所 (神戸鋼) 【5406】:決算/業績・財務推移 [通期/半期/四半期] | 株探)

 

歴史はミステリーに富んでいるのでやめられません。止まりません。

なんのこっちゃ。

以上です。