日本経済的な何か

「熱いストーリー」には裏がある ニッポンの「農力」を読んで

聞いてるだけで胸が熱くなる物語や演説ってありますよね。当初、ニッポンの「農力」(日本経済新聞社編)を読んだ時もそう感じました。本全体から「日本の農業は危ない!でも現場でがんばっている人がこんなにいる!」というメッセージが伝わってきますし、…

就活生必見の書を発見!これからの勝ち組は半導体?

大学生の皆さん。とりあえず、商社、コンサル、金融業を目指せば安泰だと思っていませんか!違いますよ!その業界にいる人間から言わせていただきますと、先はどんどん暗くなってます。 それより半導体業界はどうですか?え?東○のゴタゴタでイメージ悪い?…

【読書感想文】歴史に消された18人のミステリー と最近の企業不祥事

私、読むと止まらない分野がありまして。ファンタジー、推理、歴史なんですよ。(会社で推薦される「ビジネスで○○!」の類の本は目次だけで満腹感が出しまうタイプ) 本書はまさしく歴史と推理の掛け合わせもの。牛丼でいうとつゆだくだく、卵のせ、大盛り状…

なぜ我が賃金は上がらないのか

ボーナスの時期ですよ。 「上がらなくていい、下がらないでくれ」と、通勤経路にあるお稲荷さんに毎日祈りを捧げる日々です(あれ、お稲荷さんは祈っちゃいけないんでしたっけ)。 「同一労働同一賃金」は正社員の給与引き下げ圧力になる | 野口悠紀雄 新し…