読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現状に流される人=生きる気がない人

「あなた生きる気がある?」

いきなり、かみさんに詰められました。

 

彼女曰く、私には生きようという気がみられない、なぜなら

・コンビニ弁当で満足、もっといいものを食べようとしない

・身体がブヨブヨなのに、何もしない

・家事に不満を言うくせに、電気製品を買い替えようとしない

・家が不便な場所にあるけど、引っ越さない

 

そう!私は現状維持人間だったのです。

苦労してまで、何かを変える位なら、今のままでいいや、我慢するのは慣れてるよ、という思考の持ち主なのです!

 

気づいたのは、

我慢すればいい!我慢した先にいいことがある、これが現状維持思考の源なんですな。

 

まぁ、学校でも会社でも、我慢してみんなに合わせろ!的な雰囲気が日本にはありますよね。そうして日々、我慢我慢我慢我慢我慢、してるといつのまにやら、自分の意思を忘れて、現状を生きるだけの現状維持人間が生まれる(私だ!)。。。

 

そして、

上から言われたことに従う、逆らいもせず我慢する。

生き方を見直さず、両親と同じ生き方をする。

 

思い当たる節しかない。そりゃあ、いつまで経っても、愚痴だらけ苦労だらけの人間になりますわな。

 

【現状維持しない人の行動】

ちなみに、うちのかみさんは現状を変えるためには、全く躊躇しません。驚く位に即決、速攻。

 

海外から帰って社宅に住んでたけど、保育園の空きが周りにない、再就職にも不利な場所と思いきや、新居探しをして引っ越しを実行。

この間、わずか半年!

即行で再就職を決めて、落ち着くと思いきや、保育園の質が悪いと判断。即、区役所に情報を取りに行く&周囲の友人に聞き込み開始→質のいいかつ入りやすい認定保育園を申請。当選のお知らせが来るなり、住居を変更を決意。新居探しはわずか一か月。そして転居。

この間、またしてもわずか半年!

というわけで、私は一年間に3回、住居変更しました。

 

もちろん、金と手間はかかったものの、生活の質は劇的に変化しました。

(私)暗いうちから出社しないと行けなかったのが、空が明るい時間に出社できるようになりました

(かみさん)専業主婦、前職からのブランク4年という状態から再就職ができました

(子供)子供は保育園、しかも認定保育園に行くことが出来ました

住居も新築級のいい環境が手に入り、周辺環境も緑が多い気持ちの良い状態です

 

確かに手間も金もかかったけど、変わることはこんなに素晴らしいことなんだ!と現在は実感しています。 

 

 というわけで、かみさんにまずは貴様の体から変われ!スクワット200回と言われたので、やったところ、膝に来て50回でギブアップしたブヨブヨ人間からの懺悔は以上になります。

 

膝が痛い。。。