仕事人間恐怖症なんです。。

私は家族を大切にしない仕事人間に会うと、とても怖くなります。

というのも、かつての私がそうだったからです。だから、その手の人と会う度に、昔の自分の精神状態が思い出されて不安な気持ちになります。

 

名称をつけるなら、そう、仕事人間恐怖症です(ただのトラウマという説は置いとけ)。

 

そう、私は仕事中毒者でした。かみさん曰く、今は大分マシになったものの、未だに中毒者だそうです。

 

重度の中毒時代、私の心理状態は不安定そのものでした。そりゃそうです、中毒に陥る原因は、仕事を頑張る→認められる→また、頑張るというループに嵌っていたからです。

 

だから、仕事に失敗したり、職場の人間関係がうまくいかなかったりすると、恐ろしく不安になります。末期は、常に周りを見渡し、そしてヒソヒソ話をしている人がいると、あれは自分の悪口を言ってるんじゃないかとか疑うようになりました。

 

ただ、自己嫌悪に陥ってるだけならまだ可愛い方です。末期を通り越して、転換期を迎えると、「なんで私はこんなに頑張ってるのに、周りは認めてくれないんだ!」と不満がたまり、しまいには「私は間違ってない、認めてくれない周りがおかしいんだ!」と怒り出す。

 

最終的には、自分の怒りを周囲にまき散らす、「阿修羅マン」に進化します。

 

私が見た「阿修羅マン」は、立場が弱い後輩を相手に仕事論やダメ出しを行い、課長に来る日も来る日も直談判し、それでも飽き足らず他部署にも自分にはこんな素晴らしいアイディアがあるのに、上司や周りの人間は理解してくれない、おかしいと言いふらしていました。

 

結局、更に周りの人から疎んじられ、誰も彼の言うことを聞かなくなりました。

もちろん、異動になりましたよ、その人は。

 

【仕事中毒から抜け出すために】

阿修羅マンになってしまう前にどうすればよいのか?

 

言うまでもなく、仕事を頑張る→認められる→また、頑張るというループを断ち切るしかありません。すなわち、巷のベストセラー等で言われているように、「認められなくてもいいや」と思うようになるのが処方箋です。

 

んが、いきなりループのどまんなかにいる人が、そんなこと出来るわけありません。というか、出来ていたら中毒になっていません。

 

というわけで、登場するのが家族の存在です。すなわち、「家族に認められる」ことを考えてみてはいかがでしょうか?会社でボロボロに批判されても、「家族に認められている」という感覚が、精神的な安定を可能にすますよ。

 

今日も終電帰り、という方は是非振り返ってみてください。

 

以上、会社で冴えない人と言われ続けている中年サラリーマンからの職場では言えない鬱憤を終わります。