伸び悩んでる?ヒントは外にあるよ

ボーナスは伸び悩み(むしろ減額の兆しがちらつく)。当初はショックだったものの、夏休みムードに浸るうちに気持ちは前向きになってきました。ネットサーフィンでもなぜか明るい記事を目につくようになります。

借金10億円の旅館を甦らせた素人女将の奮闘 | 恋愛・結婚 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準toyokeizai.net

人間、不安に駆られると暗い記事ばかり読み漁り、吹っ切れると明るい記事が目に入るんですな。不思議だ。

 

お嬢様から借金まみれの女将からの大復活。ただ、目を引いたのは

「〜女将業を教えてくれる人はいない。知子さんは従業員たちの仕事を見ているしかなかった。すると、これが功を奏した。老舗旅館が抱える、数々の問題が見えて来たという。」という箇所。後、会社の窮状を告げ、去ってもらう人には去ってもらったこと。

 

つまり、①門外の人が、②大胆な効率化、を行うのが企業など組織の復活パターンだな、と改めて思ったわけです。

 

逆に危機に陥っている大企業はというと

biz-journal.jp

危機的状況に陥る2年前からこの様子。①内輪の人が、➁効率化より目先の成果を優先する、とこうなるんですね。

 

我が社は。。。。。

 

いや、今は夏を楽しむべきだ。

うん、多分そうなんだ。。。