「熱いストーリー」には裏がある ニッポンの「農力」を読んで

聞いてるだけで胸が熱くなる物語や演説ってありますよね。当初、ニッポンの「農力」(日本経済新聞社編)を読んだ時もそう感じました。本全体から「日本の農業は危ない!でも現場でがんばっている人がこんなにいる!」というメッセージが伝わってきますし、また「がんばれば農業は成長産業だ!」ともとれる文言が目立ちました。

が、読めば読むほど逆に気持ちが冷めました。

というのも、今は危機だ!→目指せ大逆転! というストーリーは大概危険です。

企画屋として様々な企画書(ストーリー)を手掛けてきましたが、こういうストーリーが出てくる時は

①本当は大した危機じゃないけど、企画を通すための必要性アピール

➁実は大逆転の手段はないけど、手を打たないと責任問題を追及されるからとりあえず現実味の乏しい大構想を発表

の可能性があります。ゆえに「農業はヤバイ!助けなきゃ」というストーリーが繰り返されるほど、繰り返す裏の理由が気になるのです。

実際、農林水産省が作成した自給率の引き上げが必要とする資料をみると、その匂いが強まります。

【以下の図表は現行の食料自給率の検証①農林水産業(2014年3月)より】

http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/kikaku/bukai/H26/pdf/140326_03.pdf

f:id:shirumoshiranumo:20171114041239p:plain

これだけみると、日本の自給率は低い!と思うかもしれませんが、実は同じ報告書の同じページの右に下図が載っています。

f:id:shirumoshiranumo:20171114041408p:plain

あれ?同じ「自給率」なのに他国との比較感がだいぶ違うんですけど。。

【けいざい独談】日本の食料自給率「カロリーベース」の裏のウラ 正直、こんな指標は農業政策に無意味だ(1/5ページ) - 産経ニュース

上記の記事でも指摘されている通り、「自給率は低い!やばい!」という危機感をあおるために国際指標でも何でもない「カロリーベースの自給率」を新たに算出したようですね。

左様に企画屋は結論が上の意向に沿わない場合、もっともらしい指標や数値をひねり出すことがあります。そして、詳細な突込みを受けないよう、強い危機感をあおるストーリーをひねり出し、受け手を思考停止に追い込みます。

みなさんが読んでるだけで強い危機感を感じるような文章や記事などがあった場合は、必ず数的根拠を模索するようにして下さい。

 

 

以上、「この数字じゃ企画は通らないよ」と言われて落ち込んでいる中間管理職の戯言を終わります。